ビジネスマッチング&セミナー/2016忘年会

ビジネスマッチングの様子

ビジネスマッチングの様子

ギフサの「第1回ビジネスマッチング&第3回ギフサセミナー(兼忘年会)」が、12月8日、大阪市北区ヒルトン大阪で開かれた。

メンバー会員や協力メーカー会員ら約100人が参加。ギフサ加盟問屋と協力メーカーとの商談会であるビジネスマッチングを開催したほか、大阪府から講師を招き、「食品表示法の概要と新食品表示基準について」の解説講演を行った。

ビジネスマッチングはギフサ初の試みで、加盟問屋10社と協力メーカー38社が約2時間にわたって熱い商談を繰り広げた。企業紹介と新商品提案を中心に行われたが、ほとんどが新規メーカーとの顔合わせとあって、「有意義だった」との声が多く聞かれた。

セミナーの様子

セミナーの様子

続くセミナーでは、開会冒頭に佐藤聖セミナー委員長((株)ハーモニック)が挨拶。「ギフサの大きなテーマであるギフト業の品質管理をさらに底上げする目的で委員会を立ち上げた。今回のセミナーを機会に日頃の疑問を解消して頂き、業界全体の底上げにご尽力頂きたい」と述べた。

セミナー講師は大阪府健康医療部食の安全推進課食品表示グループの木元大主査。「食品表示法の概要と新食品表示基準について」のテーマで、
1)食品表示法の概要 2)食品表示基準の概要 3)機能性表示食品
について1時間超にわたって解説した。

小憩後の忘年会に先立ち、11月15日に急逝されたハリカ故原口廣一社長に黙祷を捧げた。梶村正也副会長が開宴挨拶。次いで杉本憲一協力メーカー会代表幹事が乾杯の音頭をとった。歓談が進むなか中村雅昭アピデ専務、高村光男ギフト用品卸販売二十一世紀理事長が挨拶、三谷欣司会計の一本締めで閉宴した。

パーティーの様子

パーティーの様子

パーティーの様子

パーティーの様子